今話題の"紫根(しこん)"

紫根(しこん) 某テレビ局の番組で放映されたもので「50代の女性が漢方生薬の"紫根"をオリジナルの化粧品として使用した所、シミが取れしわやたるみにも効果があった」と女性にとってはたまらない内容。

 紫根は、ムラサキ科の紫草の根を乾燥させたもので漢方処方や化粧品に使われている。成分は、加水分解でシコニンなどのナフトキノン誘導体が生じる。薬理作用としては、抗菌、抗炎症作用、細胞賦活作用など。

 紫根を煎じた液体をパッティングしてシミやくすみが綺麗になったというのは、肌の炎症を抑え、静肌・整肌作用によるものと考えられます。主に紫根は漢方処方に使われるものなので、使用についてはお近くの漢方薬局などで確認すると良いでしょう。

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0