不妊症

中医学特有の周期調節法って?
お腹にいる赤ちゃんs

 周期調節法とは、中医学の考え方に基づき中国で不妊治療を中心に応用されている理論で、女性の生理周期に合わせて漢方薬を飲み分けていく方法です。生理周期は、月経期(生理期)・卵胞期(低温期)・排卵期・黄体期(高温期)の4つの時期に分かれます。

⇒続きを読む

不妊症に漢方薬で体作り
うまくいった精子と卵子s

 病院で検査をしたがはっきりとした原因が分からない、ホルモン療法や人工授精、体外受精などの治療で結果が出ずに体力だけが消耗してしまっている、加齢により体の中の妊娠環境が衰えている、精神的ストレスで体のバランスが崩れている、冷え性や疲れやすいなど体質が弱い方などは、一度漢方薬を試されてはいかがでしょうか?

⇒続きを読む

不妊症のタイプ
天使s

 一言で不妊症と言っても不妊で悩むご夫婦にはそれぞれ違いがあります。お一人目を望まれているご夫婦やお二人目を望まれているご夫婦など不妊症で悩まれている理由はそれぞれであり、またご夫婦の年齢や生活環境、仕事や私生活面でのストレスの度合いなど置かれている立場もまた様々です。

⇒続きを読む

私達不妊症?
うまくいかない精子と卵子s

 この数年不妊の専門誌が出版されるなど、不妊症で悩む夫婦が非常に多いようです。では、自分達が不妊症なのか、そうでないのか、どこで判断すれば良いでしょうか?WHOによれば、不妊の定義は「避妊なしで2年以内に妊娠に至れない状態」とされています。

⇒続きを読む


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0