不妊症のタイプ

 一言で不妊症と言っても不妊で悩むご夫婦にはそれぞれ違いがあります。お一人目を望まれているご夫婦やお二人目を望まれているご夫婦など不妊症で悩まれている理由はそれぞれであり、またご夫婦の年齢や生活環境、仕事や私生活面でのストレスの度合いなど置かれている立場もまた様々です。

天使 不妊症には、大きく分けて原発性不妊と続発性不妊とに分かれます。原発性不妊は、これまで一度も赤ちゃんを授かった事の無い方、つまり前者のタイプを指します。それに対して、後者の方のように、過去に妊娠もしくは出産の経験者がなる不妊を続発性不妊と呼んでいます。一般的に2人目不妊と言われるものです。それぞれの原因は一概には言えませんが、原発性不妊の場合は、排卵障害やホルモンバランスの異常、抗精子抗体等機能面での原因が考えられます。それに対し続発性不妊の場合は、年齢の変化、卵巣や排卵機能の変化など体内環境の変化が考えられます。

 中医学では生殖機能と関係のある腎の働きを良くする補腎薬と呼ばれるものや、血を補う補血薬と呼ばれるものを使用し妊娠しやすい体作りを目指します。不妊の原因にもよりますが、病院の治療と同時に年齢と共に変化した体を良い方向に導く漢方を上手に取り入れて不妊治療に取り組んでみたらいかがでしょうか?

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0