vol3 ドライマウス(口腔乾燥症)

ドライマウス(口腔乾燥症)

かねみつまさのりの漢方的生活  ドライマウスとは唾液の出が悪くなり、口やのどが渇きやすくなった状態のことです。頻繁にお茶やお水を飲む、夜間にも起きて水を飲む、空咳が出やすくのど飴が手放せない、パンやクッキーなど乾いたものが食べづらい、口中がネバネバするなどの症状があります。ひどくなると舌がひりひり痛くなったり、味覚障害、感染症、口内炎、口臭なども引き起こします。

 ドライマウスの原因は、糖尿病・腎不全・シェーグレン症候群などのほか、薬の副作用や、緊張すると口の中がカラカラになるようにストレスなどが考えられます。また当然、老化現象としての面もあります。赤ちゃんは水分量の割合も多く、とても瑞々しいものです。悲しいかな人間は、年齢とともに潤いが低下していきます。ドライマウスは今までは命に関わる症状ではないと医学的にもあまり注目されていませんでしたが、口が渇いて不快ということにとどまらず、生活習慣病・ストレス性疾患・更年期障害などに発展しやすいということで最近注目されつつあります。

 漢方ではこのような潤い全般を「陰」と呼び、それらの不足した状態を「陰虚」と言います。この陰の不足を改善してくれる漢方薬が補陰薬で、代表的なものに六味地黄丸、杞菊地黄丸、瀉火補腎丸、八仙丸、麦味散顆粒、養陰清肺湯などがあります。また、これらの漢方薬は体の内側から肌や髪の毛、爪などにも潤いを与えてくれますので、美容やアンチエイジングにも力強い味方になってくれます。このようにドライシンドロームは漢方の得意分野の一つです。口やのどの乾き、全身の乾燥が気になるようでしたら、一度漢方専門店に相談されてみてはいかがでしょうか。

H22年3月26日付

関連記事
  1. vol25 華麗にエイジング
  2. vol24 漢方薬で睡眠改善
  3. vol23 インフルエンザ・風邪の予防に板藍根
  4. vol22 秋はオーバーワークにご注意を
  5. vol21 漢方薬による血液サラサラ総合療法
  6. vol20 腎虚に欠かせない生薬「地黄」
  7. vol19 こむら返りに漢方薬!
  8. vol18 皮膚病は食養生が大切!
  9. vol17 お肌と腸内環境の密接な関係
  10. vol16 ストレスと皮膚病
  11. vol15 皮膚病の厄介な原因「湿邪」
  12. vol14 乾燥肌とかゆみに漢方スキンケア
  13. vol13 内臓の不調は皮膚に出る!
  14. vol12 漢方薬で早めの花粉症対策
  15. vol11 肺を傷めやすい季節 長引く咳に注意
  16. vol10 発熱は妙薬?
  17. vol9 生活習慣病に伴う不眠症
  18. vol8 アレルギー性疾患とエアコンと漢方薬
  19. vol7 夏の疲労回復に
  20. vol6 湿気と関節痛
  21. vol5 飲む漢方目薬
  22. vol4 「血の道症」とは
  23. vol2 頑固な頭痛・肩こりに漢方薬
  24. vol1 降圧剤に頼らないために!
  25. vol11 漢方季節養生法
  26. vol10 男性不妊に漢方を・・・
  27. vol9 女性の不妊に漢方薬
  28. vol8 耳鳴りに漢方薬
  29. vol7 夏バテに補気養陰
  30. vol6 「冬病夏治」で冬の病気を治す!
  31. vol5 認知症予防は活血と補腎!
  32. vol4 現代病を漢方で予防する!
  33. vol3 国家を上げて開発された漢方薬
  34. vol2 瘀血は万病の元?
  35. vol1 衛気を高めて花粉から身を守る

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0