vol5 飲む漢方目薬

飲む漢方目薬

かねみつまさのりの漢方的生活  先日、旧友に会ってカフェに入りました。メニューを選んでいると、彼はメニューを遠ざけるように見ているので、「おいおい老眼か?」と言ってひとしきり老眼の話で盛り上がりました。近眼の私は普段眼鏡をかけていますが、最近本や新聞を読むときに眼鏡をはずしていることに気がつき、私もそろそろ老眼が始まったかと軽いショックを受けました。夜間の運転なども視力が落ちたなあと思うことが多くなってきました。

 また長時間パソコンに向かっていると目がかすんだり、ドライアイになったりすることもあります。パソコンなどで長時間作業を行うことによる眼精疲労、全身倦怠感、心身症などをVDT症候群と言われています。(VDTとはVisual Display Terminalでパソコンなどのモニターのことです。) 症状は疲れ目、かすみ目、目の奥の痛み、ドライアイ、肩こり、頭痛、イライラ、不安感、自律神経失調など。

 中華料理などで見かけるクコの実は滋養強壮、貧血の改善、目の滋養になります。また菊花は目の炎症を抑え、潤いを与えて目の疲れや充血にいいとされています。これらを配合した漢方薬に杞菊地黄丸があります。老眼をかけ始めたかたなどはしばらく服用すると老眼鏡がいらなくなるケースもよくあります、白内障などもひどくなければある程度視力が回復した例もあります。私もしばらく服用していたら視力の調節力が回復したのか、近くを見る時はずしていた眼鏡をはずさずに見えるようになりました。

 視力の衰えを感じた中高年や目を酷使している若者にも是非試していただきたい杞菊地黄丸です。また、目の症状以外にものぼせ、頭重、めまい、排尿困難、頻尿、むくみなどにも効能・効果がある不思議な漢方薬です。くわしくは漢方専門店でご相談ください。

H22年5月28日付

関連記事
  1. vol25 華麗にエイジング
  2. vol24 漢方薬で睡眠改善
  3. vol23 インフルエンザ・風邪の予防に板藍根
  4. vol22 秋はオーバーワークにご注意を
  5. vol21 漢方薬による血液サラサラ総合療法
  6. vol20 腎虚に欠かせない生薬「地黄」
  7. vol19 こむら返りに漢方薬!
  8. vol18 皮膚病は食養生が大切!
  9. vol17 お肌と腸内環境の密接な関係
  10. vol16 ストレスと皮膚病
  11. vol15 皮膚病の厄介な原因「湿邪」
  12. vol14 乾燥肌とかゆみに漢方スキンケア
  13. vol13 内臓の不調は皮膚に出る!
  14. vol12 漢方薬で早めの花粉症対策
  15. vol11 肺を傷めやすい季節 長引く咳に注意
  16. vol10 発熱は妙薬?
  17. vol9 生活習慣病に伴う不眠症
  18. vol8 アレルギー性疾患とエアコンと漢方薬
  19. vol7 夏の疲労回復に
  20. vol6 湿気と関節痛
  21. vol4 「血の道症」とは
  22. vol3 ドライマウス(口腔乾燥症)
  23. vol2 頑固な頭痛・肩こりに漢方薬
  24. vol1 降圧剤に頼らないために!
  25. vol11 漢方季節養生法
  26. vol10 男性不妊に漢方を・・・
  27. vol9 女性の不妊に漢方薬
  28. vol8 耳鳴りに漢方薬
  29. vol7 夏バテに補気養陰
  30. vol6 「冬病夏治」で冬の病気を治す!
  31. vol5 認知症予防は活血と補腎!
  32. vol4 現代病を漢方で予防する!
  33. vol3 国家を上げて開発された漢方薬
  34. vol2 瘀血は万病の元?
  35. vol1 衛気を高めて花粉から身を守る

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0