vol6 湿気と関節痛

湿気と関節痛

 梅雨になると湿度が高く洗濯物がなかなか乾かなかったり、部屋干しして洗濯物が臭くなり易かったりと、最近洗濯などを手伝うようになった私は家事の大変さを思い知らされております。ところで、この時期に痛みの相談が増えます。冬にも多いのですが、湿度が高くなるこの時期も痛みが起き易くなります。腰痛、膝痛、坐骨神経痛、手足のしびれ、こむら返りなど。

かねみつまさのりの漢方的生活 体にとって必要不可欠な水分ですが、体内の余分な湿気が多くなりすぎると不快な症状を招きやすくなります。水分代謝の流れから外れた水分を「湿」といい、川の流れから外れた淀みのように濁りやすくなり、体に害をもたらすこともあります。体の機能を低下させたり、むくみ、冷えや血行不良などを起こします。

 加齢や酷使した関節、運動不足、体の筋力のアンバランスで歪んだ関節にこの「湿」が加わると、こわばり・重だるさ・痺れ・痛みなどがあらわれやすくなります。天気が崩れそうになると痛み出したりする方もおります。

 漢方薬に祛風湿薬と言って筋肉・経絡・筋骨の間にある風邪・湿邪などの痛みの原因を取り除いて痛みを和らげる生薬があります。これらが配合された漢方処方をこの時期はよく用います。体質的にそれほど問題がなければ意外と早く効果が現われて来ます。

 軟骨が減ったり、変形している場合は軟骨成分を含んだ医薬品(コンドロイチンなど)を併用することでかなりの効果が上がります。また普段から尿の出が悪かったり、逆に出すぎるなどの利尿異常がある方は、五臓六腑の腎が弱っています。腎の働きが悪くなると、疲れやすい・めまい・耳鳴り・難聴・健忘・歯の劣化・足腰の無力感などの症状を伴うことが多く見られます。こういう場合は慢性化している事が多く時間をかけてじっくり服用することが大切です。漢方薬で体内もカラッと除湿して痛みを軽くしてみませんか?

H22年6月25日付

関連記事
  1. vol25 華麗にエイジング
  2. vol24 漢方薬で睡眠改善
  3. vol23 インフルエンザ・風邪の予防に板藍根
  4. vol22 秋はオーバーワークにご注意を
  5. vol21 漢方薬による血液サラサラ総合療法
  6. vol20 腎虚に欠かせない生薬「地黄」
  7. vol19 こむら返りに漢方薬!
  8. vol18 皮膚病は食養生が大切!
  9. vol17 お肌と腸内環境の密接な関係
  10. vol16 ストレスと皮膚病
  11. vol15 皮膚病の厄介な原因「湿邪」
  12. vol14 乾燥肌とかゆみに漢方スキンケア
  13. vol13 内臓の不調は皮膚に出る!
  14. vol12 漢方薬で早めの花粉症対策
  15. vol11 肺を傷めやすい季節 長引く咳に注意
  16. vol10 発熱は妙薬?
  17. vol9 生活習慣病に伴う不眠症
  18. vol8 アレルギー性疾患とエアコンと漢方薬
  19. vol7 夏の疲労回復に
  20. vol5 飲む漢方目薬
  21. vol4 「血の道症」とは
  22. vol3 ドライマウス(口腔乾燥症)
  23. vol2 頑固な頭痛・肩こりに漢方薬
  24. vol1 降圧剤に頼らないために!
  25. vol11 漢方季節養生法
  26. vol10 男性不妊に漢方を・・・
  27. vol9 女性の不妊に漢方薬
  28. vol8 耳鳴りに漢方薬
  29. vol7 夏バテに補気養陰
  30. vol6 「冬病夏治」で冬の病気を治す!
  31. vol5 認知症予防は活血と補腎!
  32. vol4 現代病を漢方で予防する!
  33. vol3 国家を上げて開発された漢方薬
  34. vol2 瘀血は万病の元?
  35. vol1 衛気を高めて花粉から身を守る

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0