vol7 夏の疲労回復に

夏の疲労回復に

 暑くなってくると、やる気が出ない、食欲減退、動悸、息切れ、めまい、疲れやすい、顔や手足がほてる、眠りが浅い、のどがやたらと渇くなどの症状が出やすくなってきます。特に、屋外などで作業する方はたくさん汗をかき、水分とエネルギーの両方を消耗します。そんな方におすすめなのが中国では点滴にも使われている生脈散です。

かねみつまさのりの漢方的生活 元気を補う「薬用人参」、潤いを与える「麦門冬」、消耗を防ぐ「五味子」が絶妙に配合され、麦味参顆粒という名前で日本で販売されています。また、ゴルフやジョギング、水泳など運動時の水分補給にスポーツドリンクと一緒に服用すると吸収を高めてより効果的です。最近ブームの自転車ですが、ロングライドにも最適です。またこの時期、栄養ドリンクを服用される方も多くなります。栄養剤を服用してもなかなかだるさや疲れが取れない方には勝湿顆粒がおすすめです。

 ビール、ジュース、炭酸飲料など冷たい飲料、フルーツ、ヨーグルト、冷麺、そうめんなど、あっさりした食べ物で胃腸が冷えてくると、手足が重だるい、全体的にだるい、倦怠感が強いなどは体に余分な湿気がたまっている状態です。この状態では水分を摂れば摂るほどかえって疲労感や倦怠感が増して、だるくて仕方なくなります。

 こういう場合は栄養補給では効果があまりなく、体の余分な湿気を取り除いてくれる勝湿顆粒がすっきりとだるさを軽減してくれます。元気&水分補給の麦味参顆粒と除湿の勝湿顆粒、うまく使い分けて夏を乗り切りましょう!

H22年7月23日付

関連記事
  1. vol25 華麗にエイジング
  2. vol24 漢方薬で睡眠改善
  3. vol23 インフルエンザ・風邪の予防に板藍根
  4. vol22 秋はオーバーワークにご注意を
  5. vol21 漢方薬による血液サラサラ総合療法
  6. vol20 腎虚に欠かせない生薬「地黄」
  7. vol19 こむら返りに漢方薬!
  8. vol18 皮膚病は食養生が大切!
  9. vol17 お肌と腸内環境の密接な関係
  10. vol16 ストレスと皮膚病
  11. vol15 皮膚病の厄介な原因「湿邪」
  12. vol14 乾燥肌とかゆみに漢方スキンケア
  13. vol13 内臓の不調は皮膚に出る!
  14. vol12 漢方薬で早めの花粉症対策
  15. vol11 肺を傷めやすい季節 長引く咳に注意
  16. vol10 発熱は妙薬?
  17. vol9 生活習慣病に伴う不眠症
  18. vol8 アレルギー性疾患とエアコンと漢方薬
  19. vol6 湿気と関節痛
  20. vol5 飲む漢方目薬
  21. vol4 「血の道症」とは
  22. vol3 ドライマウス(口腔乾燥症)
  23. vol2 頑固な頭痛・肩こりに漢方薬
  24. vol1 降圧剤に頼らないために!
  25. vol11 漢方季節養生法
  26. vol10 男性不妊に漢方を・・・
  27. vol9 女性の不妊に漢方薬
  28. vol8 耳鳴りに漢方薬
  29. vol7 夏バテに補気養陰
  30. vol6 「冬病夏治」で冬の病気を治す!
  31. vol5 認知症予防は活血と補腎!
  32. vol4 現代病を漢方で予防する!
  33. vol3 国家を上げて開発された漢方薬
  34. vol2 瘀血は万病の元?
  35. vol1 衛気を高めて花粉から身を守る

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0