vol11 漢方季節養生法

漢方季節養生法

 漢方には、日頃から四季に合わせて病気から体を守る季節の養生法があるのをご存知ですか?漢方には「肝・心・脾・肺・腎」の五臓六腑の考え方と物質のすべては「木・火・土・金・水」に属するという五行説が基本にあります。この五行説から季節に合わせて養生していくのが漢方季節養生法です。

トンセンホの漢方知恵袋 春は木に属し、緑、風という「昇発」の季節です。肝、胆、怒という特徴でイライラなど情緒不安定になりやすくなります。緑色の小松菜やほうれん草などを摂り、漢方薬では体を風から守る衛益顆粒やストレスをとってくれる逍遥丸などを使います。

 夏は雨水が多く「生長、生化」の季節です。日本の場合「真夏」と「長夏」に分かれ、長夏は土に属し多湿、脾胃、肉が特徴で消化機能の低下、体が重いといった症状、真夏は火に属し心、小腸の特徴があり、体液が消耗し血液がどろどろになると熱射病、心筋梗塞などが起こります。利尿作用のあるあずきやきゅうり、はとむぎ、体力をつけ熱を取る西瓜、緑豆、なす、にがうり、うなぎなど摂りましょう。漢方薬では血流を良くする冠元顆粒や湿を除いてくれる勝湿顆粒などを使います。

 秋は金に属し、涼しく万物が実る収穫の季節です。白、燥(乾燥)という特徴があり「津液(水分)不足」状態になります。口、のどの渇き、から咳、皮膚の乾燥、痒み、便秘などです。滋養効果のある梨、蜂蜜、ごま、レンコン、いも類などを摂り、漢方薬では体を潤す麦味参顆粒、百潤露などを使います。

 冬は水に属し、寒さ、蓄えの季節です。黒、寒、腎、膀胱、耳、骨、恐(驚)の特徴があり、冬は栄養を養う時期です。中国の考え方「秋冬養陰」「冬季補腎」の通り、薬膳スープなどで冬に体を滋陰し腎を補います。根菜類やすっぽん、かき、羊肉、黒いきくらげなどを摂り、漢方薬では参馬補腎丸や参茸補血丸などが良いでしょう。冬に上手に「蔵す」事で、春の「発」、夏の「長」、長夏の「化」、秋の「収」がスムーズに行くのです。冬こそ体を養うためには重要な季節ですね。

 トンセンホの漢方知恵袋は今回が最終回となります。これまでのご拝読有難うございました。

H23年12月16日付

関連記事
  1. vol.26 眼精疲労はカンジンかなめの肝腎を養って
  2. vol.25 華麗にエイジング

  3. ***********
  4. vol.24 漢方薬で睡眠改善
  5. vol.23 インフルエンザ・風邪の予防に板藍根
  6. vol.22 秋はオーバーワークにご注意を
  7. vol.21 漢方薬による血液サラサラ総合療法
  8. vol.20 腎虚に欠かせない生薬「地黄」
  9. vol.19 こむら返りに漢方薬!
  10. vol.18 皮膚病は食養生が大切!
  11. vol.17 お肌と腸内環境の密接な関係
  12. vol.16 ストレスと皮膚病
  13. vol.15 皮膚病の厄介な原因「湿邪」
  14. vol.14 乾燥肌とかゆみに漢方スキンケア
  15. vol.13 内臓の不調は皮膚に出る!
  16. vol.12 漢方薬で早めの花粉症対策
  17. vol.11 肺を傷めやすい季節 長引く咳に注意
  18. vol.10 発熱は妙薬?
  19. vol.09 生活習慣病に伴う不眠症
  20. vol.08 アレルギー性疾患とエアコンと漢方薬
  21. vol.07 夏の疲労回復に
  22. vol.06 湿気と関節痛
  23. vol.05 飲む漢方目薬
  24. vol.04 「血の道症」とは
  25. vol.03 ドライマウス(口腔乾燥症)
  26. vol.02 頑固な頭痛・肩こりに漢方薬
  27. vol.01 降圧剤に頼らないために!

  28. **********
  29. ⇒ vol.11 漢方季節養生法
  30. vol.10 男性不妊に漢方を・・・
  31. vol.09 女性の不妊に漢方薬
  32. vol.08 耳鳴りに漢方薬
  33. vol.07 夏バテに補気養陰
  34. vol.06 「冬病夏治」で冬の病気を治す!
  35. vol.05 認知症予防は活血と補腎!
  36. vol.04 現代病を漢方で予防する!
  37. vol.03 国家を上げて開発された漢方薬
  38. vol.02 瘀血は万病の元?
  39. vol.01 衛気を高めて花粉から身を守る

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0