不眠と貧血を改善する「あさりの中華スープ」

龍眼茶

 今月ご紹介の養生茶は「龍眼茶(りゅうがんちゃ)」です。「龍眼茶」の原料である「竜眼肉(りゅうがんにく)」は、ムクロジ科リュウガンの仮種皮(果肉)を乾燥させたもので、その形が龍の目の形に似ていることからこの名が付けられました。

 「補心安神(ほしんあんじん)」「補脾養血(ほひようけつ)」の働きがあり、寝付きが悪い、睡眠が浅い、めまい、食欲不振、貧血、生理不順などの症状がみられる方におすすめです。旬を迎えている ほうれん草と一緒に温かいスープを作って症状の改善に役立ててみませんか。

2010年11月


作り方

あさりの中華スープ

①黒きくらげは水で戻して石づきをとって洗い、大きいものはちぎる。ほうれん草は下ゆでして3cm長さに切る。あさりは水気をきっておく。

②鍋にスープの素と水2と1/2カップを入れ、①の材料を加えてひと煮立ちさせたら、酒、しょうゆ、塩で味をととのえる

③龍眼茶を加えてひと混ぜしたら、溶きほぐした卵を流し入れる。

 

 

材料(2人分)・・・1人分119 kcal

あさり水煮 1缶
卵 1個
ほうれん草 1/2束
黒きくらげ 3g
中華だしの素 大さじ1/2
酒 大さじ1
しょうゆ 大さじ1/2
塩 小さじ1/3
龍眼茶 スプーン6~12杯

注)龍眼茶はお好みで加減しながら加えてください。

おすすめ食材のご紹介

【あさり】

寒性/鹹味 (殻付き・生) 30kcal/g、(水煮) 114kcal/g

あさり

うまみ成分でもあるタウリンは解毒作用を強化します。ビタミンB12も豊富に含まれ、赤血球の生成や中枢神経機能の維持、脂肪の代謝などにもはたらきかけます。


【卵】

平性/甘味 151kcal/g(1個77kcal)

卵

血液を増やし、免疫力を強化したり、老化防止にも効果があります。たんぱく質のアミノ酸組成が理想的で、ビタミン類や鉄分、カルシウムなどのミネラルも豊富です。


【ほうれん草】

涼性/甘味 20kcal/g

ほうれん草

鉄分が多く、鉄分を吸収するビタミンCもたっぷり。造血作用を強化して血液を増やします。


【黒きくらげ】

平性/甘味 (乾燥) 167kcal/g、(ゆでた場合) 13kcal//g

黒きくらげ

血液を養うといわれ、血液の流れをよくして貧血を改善し、体調をととのえます。老化防止やストレスの発散、胃腸の調子を活発にする効果もあります。


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0