はと麦団子のスープ

むくみと肌荒れを解消するレシピ

 春は気温や湿度が不安定で紫外線も強くなり、さらに生活環境の変化によるストレスもたまりがち。様々な原因が重なることで、乾燥や肌荒れ、シミ、シワ、にきびなど、お肌のトラブルが多くなる季節です。スキンケアは体の外からだけでなく、内側からのケアも大切。そこで、肌荒れに効果的な「はと麦(ヨクイニン)」と「イスクラ薏仁茶」を使ったスープをご紹介します。

 「はと麦(ヨクイニン)」はお肌だけでなく、「健胃止瀉(けんいししゃ)」「清熱利湿(せいねつりしつ)」といって、むくみや関節の痛みなどにも効果を発揮。「イスクラ薏仁茶」は粉末状なので、手軽にお茶として飲むこともできます。美肌づくりに効果的として知られる食材を下記のスープにプラスすれば、さらなる効果アップも期待できそうです。

2011年4月


作り方

はと麦団子のスープ

①春雨は熱湯に浸して5分おき、食べやすい長さに切る。

②はと麦は5分ほどゆでたら、ひき肉、酒、みそとあわせて練り、6等分に分ける。

③じゃが芋は皮をむいていちょう切りにする。

④鍋に水2と1/2カップとスープの素を入れ、②とじゃが芋、春雨を加えて沸騰したら、中火で7~8分煮る。

⑤せん切りにした生姜と薏仁茶を加えてひと混ぜしたら、酒、塩、こしょうで味をととのえる。

⑥器に盛り、小口切りにした小ねぎをちらす。

 

材料(2人分)・・・一人分 237kcal

鶏ひき肉 120g
はと麦(生薬で「ヨクイニン」という名で売られています) 30g
酒 大さじ1
みそ 小さじ1
じゃがいも 100g
緑豆春雨(乾) 10g
鶏ガラスープの素 小さじ1
生姜 1カケ
酒 大さじ1
塩 小さじ2/5
こしょう 少々
小ねぎ 適量
ヨク仁茶 スプーン2~10杯(薏仁茶はお好みで加減しながら加えてください。)

おすすめ食材のご紹介

【緑豆春雨】

涼性/甘味 (乾) 345kcal/100g

緑豆春雨

解熱・解毒作用があり、炎症をやわらげます。利尿効果も高いのでむくみの解消に役立ちます。


【はと麦】

微涼性/甘味・淡味 360kcal/100g

はと麦

「穀物の王様」といわれるほど栄養価が高く、美肌づくりの妙薬とされます。体の水分代謝を正常に戻してむくみを解消したり、吹き出ものにも効果があります。


【じゃが芋】

平性/甘味 76ckal/100g

じゃが芋

カリウムとビタミンCが豊富に含まれ、むくみを防いだり、コラーゲン生成を促進します。傷ついた胃腸の粘膜を正常に戻すはたらきもあります。


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0