秋鮭のサンザシソース

山楂茶(サンザチャ)

 秋と言えば・・・?「旅行」「スポーツ」「読書」・・・といろいろ思いつきますが、やっぱり「食欲の秋」でしょうか。実りの秋はおいしい食材も豊富で、つい食べ過ぎてしまいますよね。今月は、旬の秋鮭と養生茶「イスクラ山楂茶(サンザチャ)」を使った料理をご紹介します。

 酸味のあるサンザシソースをかけて焼き鮭をちょっぴりアレンジ。「イスクラ山楂茶」の原料である山楂子には、消化吸収を助けたり、胃腸の働きを高める作用があるほか、血液の流れをよくする作用もあるのでこの季節におすすめの養生茶です。ソースを多めにつくって、肉料理のタレとして、またサラダのドレッシングにしてもおいしいですよ。

2011年10月


作り方

秋鮭のサンザシソース

①まいたけは食べやすい大きさに手でさき、ブロッコリーは小房にわけて塩ゆでする。キッチンペーパーで水気を拭いた生鮭の両面に小麦粉をまぶしたら、余分な小麦粉をおとす。

②玉ねぎは水にさらしてからすりおろし、電子レンジで2分加熱したら、Aも合わせてサンザシソースを作る。

③フライパンにバターを熱し、①の生鮭、まいたけ、ブロッコリーを焼く。

④器に③を盛りつけ、②のサンザシソースと小ねぎをかけて盛り付ける。

 

材料・・・一人分 178kcal

生鮭 2切れ
小麦粉 少々
バター 10g
まいたけ 60g
ブロッコリー 60g
玉ねぎ 大さじ2(中1/4個分)
小ねぎ 適量
【A】
レモン汁 小さじ1
塩 ひとつまみ
山楂茶 6g

■山楂茶は、お好みで量を加減してください。

おすすめ食材のご紹介

【生鮭】

温性/甘味 133kcal/100g

生鮭

胃腸を温め消化機能を高めるので、胃弱、疲れなどによいとされています。水分代謝もよくするので、むくみ解消の効果も期待できます。中医学では「気」「血」「水」の中の「気」を補い、「血」の巡りをよくするため、風邪を引きやすい方や、冷え症の方におすすめする食材です。


【まいたけ】

温性/甘味 16kcal/100g

まいたけ

低カロリーの食材であるにもかかわらず、ビタミンB群やビタミンD、食物繊維、カリウムなど豊富な栄養素を含み、肥満の予防、血糖値、血圧、血中脂質の上昇抑制や便通の改善など様々な健康効果があります。β-グルカンという成分は、免疫力アップにも有効です。


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0