漢方お悩み相談室 其の一 花粉症①

漢方お悩み相談室 其の一 花粉症①

H22年3月号

Question・・・花粉症の季節が来て憂鬱です。漢方薬で効果的なものはありますか?また、効くのに時間がかかりますか?

 

Answer・・・この時期の「花粉症」は、主にスギ花粉を原因物質とするものです。花粉症は粘膜が異物を排除しようとして起こるアレルギー反応ですから、粘膜を構成する細胞の免疫力を高める漢方薬をおすすめします。漢方薬は効き方に個人差はありますが、早い人なら1~2回の服用で改善が見られます。花粉症に有効な漢方薬には以下のものがあります。

 

衛益顆粒(えいえきかりゅう) [第2類医薬品]

■衛益顆粒(えいえきかりゅう) [第2類医薬品]

 免疫のバランスを整える効果がある。粘膜を保護するバリアを築く一方、免疫力を調節して体内の抵抗力の増強で発症を抑える。体力が不足した現代人のための防衛救助薬。ハウスダストによるアレルギー・慢性的な咳やくしゃみ・風邪をひきやすい・疲れやすい人などは、細胞のバリアが弱っているのでおすすめ。

 

双料杞菊地黄丸(そうりょうこぎくじおうがん) [第2類医薬品]

■双料杞菊地黄丸(そうりょうこぎくじおうがん) [第2類医薬品]

 アレルギー性の目の充血・かゆみ、疲れ目、のぼせ、頭重に効果的。六味地黄丸にキクカ、クコシを加え、これら8種類の生薬から抽出したエキスを丸剤としたもの。

 

 

 

 

 漢方薬の服用は食べ合わせや生活習慣にも影響してきますので、素人判断をせず、必ず専門家に処方してもらいましょう。身近な漢方薬局を、ぜひ気軽に足を運べる健康相談室として活用してくださいね。


染谷薬局 染谷正夫先生(執)

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0